住宅のリフォームを御検討中の皆様! デザイン性に富んだ安くて快適なお家は弊社にご相談ください!

ブログ

店舗を愛媛県にてリフォームすることの意味

店舗が老朽化したときは、リフォームすることがあります。お金がかかるからといって、必要なリフォームをやらないわけにはいきません。 例えば、床の木が腐ってしまったときは、しっかりと直す必要があります。これを直さないと、床がぬけてしまう可能性があります。床がぬけて、お客さんがケガをしたら大変なことになってしまいます。治療代を払うのは当然ことですが、お店の信頼がなくなってしまいます。お店にとって、一番大切なことは信頼ですから、これを失うことは大きな損失です。 雨漏りがすることもあります。雨漏りでは、お客さんがケガをする心配はありませんが、これも直す必要があります。雨水がお客さんの服にかかったら濡れてしまいますし、雨漏りの音がうるさいのです。 店舗のリフォームは会計上は費用となりますが、プラスの側面もあることは忘れてはなりません。会計の話をすると、リフォームをしたお金は損金になります。つまり、利益から差し引くことができるので、所得税が安くなるのです。 税金が安くなるだけではありません。一番大きいのは、気分が新しくなることです。もし、今までが少し暗い感じのお店だったとしたら、明るい感じのお店にすれば、新しいお店のようになります。イメージが変わることにより、売り上げが上がることは十分に考えられます。